トップ

医師の年収について。

医師と一言で言っても、医学部を卒業後国家試験に合格した研修医として働く間の年収は300~400万円です。この研修医の時は年収に大きな差はありませんが、医師として進む道によって額は異なってきます。大学病院の医局へ進んだ場合は20代後半から30代前半までは300~600万円、それから講師で700万円台、助教授で800万円、教授で1000万円前後といわれています。また、市中病院へ勤務している場合は初め600~800万円、5年以上から1000万円、部科長クラスで1500万円台、院長で2000万円が平均です。小規模の診療所やクリニックなどの開業医の場合は軌道に乗れば平均で2000~3000万円と言われています。しかし、この収入がそのまま給料となるわけではなく、光熱費や経費、勤務者への給料など出費もあります。また、開業の場合は初期費用がかかるため、始めの数年間は借入金の返済にあてる分がほとんどとなります。

医師の平均年収とはどれくらいなのか

医師には二通りの働き方があります。ひとつは勤務医といい病院に勤務する医者のことをさします。自分で病院を開いているわけではないため、大学病院やどこかの医院の医者として勤務することになります。大学病院に勤める場合と医院に勤める場合では給料にも差がでてきますが、どちらも勤務する科の長になるころには、1,200万円から1,500万円ほどの年収に落ち着く傾向があります。もうひとつの働き方が開業医です。最初に勤務医として働き、経営できる技術などを身につけてから開業する医師が多くみられます。開業医となると相当の収入となりますが、医者としての技術の他に経営の力も必要になってくるので、努力は必須です。勤務医の給料は全体的に開業医よりも低い傾向があります。勤務医の平均年収は1,150万円ほどですが、開業医となると平均で1,200万円から2,000万円と大幅に増えることもあります。また、医学部を卒業し、国家試験に合格した研修医の平均は300万円から400万円ほどとなっています。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師の基本を考えよう. All rights reserved.