トップ / 医師を考えるにあたっての常識

倫理から外れない医師は賢明に勉学する

医師は倫理を基盤にして道具を使いこなしつつ病状に立ち向かうので、人の道に沿わなければ成り立たないです。勉学する場面はとりわけ最重要視するので、施設で活動を終えても屋外で見られる頻度は低いです。帰宅したのなら体の汚れの全部を落として食事を済ませたあとは、倫理の感覚を養うことも目的に医師にとって外せない知恵を吸収します。静寂感に包まれた空間で本を開くので、様子だけ見ていると善良な読書家です。実際上は難解な病理学に目を通しているために、内容を把握できる人物は数少ないです。夜が更けてくれば翌日の活動を良好にするために休息を取り、新たな時間を過ごし始めます。公にされる機会が少ないので、大々的に見えるようにならないと事実を知れないです。日数が経過しても万全の状態で治療ができるのは、決して欠かすことのない勉学の積み重ねがあるからです。医師だから倫理を外して働けるのではなく、日々の研鑽があるからこその賜物です。

医師には倫理観が必要

医師は病人に向き合い、治療を施すとともに、患者の精神状態や家族の状態などに配慮する必要があります。患者さんの臨床データをもとに医学の発展に寄与することも大切ですが、威厳のある大切な仕事をする身ですので、倫理観をしっかり持たなければなりません。患者に対する対応の仕方などはもちろん、一緒に治療にあたる看護師や薬剤師も大切にすべきです。また、医師として医大の功績があるような人は、製薬会社や医療機器メーカーからのあらゆるアプローチがあるはずです。決して金銭的などを含むあらゆる悪しき誘いに乗るようなことがあってはなりません。大きな総合病院などに行きますと、常に製薬会社の従業員と思われる営業マンが医師の仕事を待っているシーンを見かけます。医療行為をするために必要な業者からの提案を受けて、しかるべき判断のもとに取引先を決定するような態度をとれば良いのですが、あくまでも真摯に医療に向き合う倫理観が必要です。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師の基本を考えよう. All rights reserved.