トップ / 医師は常にパソコンを扱う

医師にとってのパソコンスキル

医師にとってパソコンスキルは欠かせないものです。電子カルテが主流となっている今、患者さんの話を聞きながら入力するということも少なくありません。また、電子カルテの場合は他の医療職との共有情報であり、患者さんへ開示することもあるため、部分的な略語は許されても、できるだけわかる書き方にしなければなりません。そうなってくるとディクテーションやタイピング能力が求められます。診察の場以外でも、パワーポイントを使って説明する場面も多いです。そのため、医師にとってパソコンスキルは欠かせないものなのです。

医師として必要なパソコン技能

近年は、手描きのカルテではなくパソコンでデータを入力している医師が多くなっています。患者の個人データに、問診をしながら打ちこんで診療をしていると画面ばかりを見ることにもなり、患者にとっては物足りない面もあります。クリックするだけで、検査の画像や結果など治療の流れが瞬時にわかるので管理がしやすいメリットもあり、これからも増えていく傾向にあります。医師がパソコンを使用する機会は研究や学会での発表ならば必須ですので、ワード・エクセル・パワーポイントは必要です。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師の基本を考えよう. All rights reserved.