トップ / 医師が地方で働く魅力

地方の診療所の医師として採用

地方の診療所の医師として採用されると、やりがいを感じる、待合室が憩いの場になるなどのメリットがあります。地域の人達の健康を維持するために働くことになります。最初は雑談は厳しいですが、慣れてくると、徐々に患者達の名前を覚えていくことができます。待合室は老人ホームのような状態になりますが、時間があれば話に参加をするのも悪くないです。医師が地域の人達との関係維持につながるだけでなく、より良い付き合いをできるきっかけにもなります。

地方の医師として働き始める

地方の医師として働き始めると、のんびり働ける、地域の人と雑談できるなどのメリットが存在します。患者さんがそれほど多くないことから、診察をする機会は大きな病院に比べると少なめです。そのため、マイペースで働くことが可能です。朝に通勤し、残業も少ないので夕方になれば家に帰る生活もできます。待合室内は地域の人達が集まり、医師も混ざって雑談をすることがあります。地域の人達が身につけた生活の知恵なども聞けて楽しく仕事ができます。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師の基本を考えよう. All rights reserved.