トップ / 小児科医の仕事とは

小児科医の過酷な現状

現在、小児科医が不足する中で、医療現場では過酷な労働状況が深刻化しています。元々、きめ細かなケアを必要とする子供を相手とする為、他の科に比べ雑務等が多い上に、患者である子供だけでなく過干渉気味のモンスターペアレントへの対応にも追われる彼らの業務は医療行為以外にも派生して、苛酷を極める労働環境となっています。この様な現状が更に医学生の小児科医離れを加速し、さらなる医者不足の悪循環の現状を生み出してしまっているのです。

小児科は存在感が増す現状が続く

誰もが平等に活躍できる社会を推進する動きが活発化しているために、一つの過程において子どもの数を増やしやすい現状にあります。相対的に小児科の件数も多くなりますから、医療行為に携わる立場にとっては存在感の大きさを喜ばしく感じざるを得ません。その一方で患者も子どもの健康管理を行ってくれる施設が増加する事実を歓迎するので、存在感が大きくなること自体が歓迎されているというわけです。多くあるに越したことがないのは、小児科の現状です。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師の基本を考えよう. All rights reserved.