トップ / 麻酔科不足についての情報

麻酔科不足の現状について

麻酔科の職員は複数の手術を兼務しているケースが多いです。結果、心身を疲弊させ、退職や休職の道を選択する人が多いです。麻酔科の職員は院内での序列があまり高くないです。このような待遇面の悪さが不足につながっています。この不足の問題を解決するためには彼らの待遇を改善するだけではなく、彼らの自尊心を最大限に尊重出来るシステムを構築する事が大切です。今のような環境ではなかなか良質なサービスを提供するこれらの人間は出てこないです。

麻酔科医なら人手不足

医学部に入学して、どの医療をする科を目指そうかと考えている方は不足気味である麻酔科を検討することをオススメします。医師はどの科になっても激務や辛いことも多いのですが、人気の内科や外科はライバルや年配の先輩方も多く、全員が希望通りの活躍が出来るかは分かりません。いっその事、人手不足といわれている麻酔科を目指してみるのはどうでしょう。オペ中に患者が痛みを感じることなく安心できるようにする、とても素晴らしい仕事です。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師の基本を考えよう. All rights reserved.